薬物依存の啓発に使えるわかりやすいアニメです。
言葉もなくユニバーサルに通じます。

日本では法律により喫煙、飲酒ともに20歳以上と定められているが、米国では飲酒は21歳以上、喫煙は18歳以上としている州が多い。米・University of Texas(UT)MD Anderson Cancer CenterとUT Health San Antonioは1月11日、テキサス州サンアントニオ市議会による「喫煙の年齢制限を18歳から21歳に引き上げる法律」の採択に向けた動きを支持すると発表した。

https://medical-tribune.co.jp/news/2018/0126512662/

インターネットなどによるゲーム依存が、世界保健機関(WHO)が改訂作業中の国際疾病分類第11版(ICD-11)に新たに盛り込まれる見通とのニュースは、医学関係者のみならず、社会的にも大きな話題となった(関連記事「”ゲーム依存”が疾患に」)。このニュースの背景と今後の展望について、ネット依存研究の第一人者である国立病院機構久里浜医療センター院長の樋口進氏に解説してもらった。なお、ゲーム障害はネット依存の一病型だが、ネット以外のゲーム障害も存在する。

https://medical-tribune.co.jp/news/2018/0125512621/

手話を広く使える社会を目指す「手話言語条例」を制定する動きが全国に広がっている。全日本ろうあ連盟(東京)によると、2013年の2自治体から、今年は1月16日時点で125自治体まで拡大。条例に基づいた啓発・普及活動も各地で行われる中、大阪府の取り組みが注目を集めている。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180123-OYTET50007/?catname=news-kaisetsu_news

東京都は、2月21日開会予定の都議会に提出を予定していた罰則付きの屋内禁煙条例案について、提出をいったん見送る方針を固めた。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180130-OYTET50015/?catname=news-kaisetsu_news_kenko-news

1日1本の喫煙による冠動脈疾患・脳卒中リスクは予想以上に大きく、1日20本の喫煙によって増加するリスクの約半分に及び、心血管疾患において安全なレベルの喫煙は存在しないことが示された。英・University College LondonのAllan Hackshaw氏らは、141件のコホート研究をメタ解析した結果を、BMJ(2018; 360: j5855)に報告した

https://medical-tribune.co.jp/news/2018/0202512771/