CATEGORY

福音と医療に関わる社会情勢や科学的知見

マンガ「コウノドリ」で性分化疾患が取り上げられました

LGBTQについて考えるとき、医学的な知識を持たずに偏見を抱いている方は少なくないと思います。 教育的で人道的な産婦人科領域の漫画として有名な「コウノドリ」が、性分化疾患について取り上げました。ぜひ参考にしていただければと思います。 ソース元: https://shoutout.wix.com/so/43MPJk2O5?cid=c2ead2e3-a3f2-452b-853b-cb83e31a25b […]

厚労省、自殺対策を強化…IP電話での相談受け付けも開始

厚生労働省は自殺対策強化の一環として、新たにIP電話での相談受け付けを始めた。 インターネット回線を使って音声を伝えるIP電話は、電話回線よりも割安に利用できるためだ。悩みを抱える人が相談しやすいようにする狙いがある。 ソース元 : https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180702-OYTET50014/  

「理想の子どもは2人以上」減少初めて7割切る

子育て世代の4分の3で「2人目の壁」を感じ、理想の子どもの数も減少――。 少子化問題の解消を目指す公益財団法人「1more Baby応援団」が、こんな調査結果をまとめた。子どもを産み育てやすい環境が整わない日本の実情が浮き彫りになった。 ソース元 : https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180702-OYTET50021/?catname=news-kai […]

電子たばこ、蒸気の香り成分が有害

スウェーデン・Sahlgrenska Academy, University of GothenburgのLouise Adermark氏らがまとめた「電子たばこの使用、態度、潜在的な健康への影響に関するレポート」によると、スウェーデンでは若年者にとって電子たばこが紙巻きたばこを吸い始めるきっかけとなっている他、電子たばこの蒸気に含まれる香り成分は有害である可能性があることが分かった。 ニコチン含 […]

認知症であっても本人の意思確認は必須です

厚生労働省による「認知症の人の日常生活・社会生活における意思決定支援ガイドライン」が、このほどまとまった。これは、認知症を対象にその意思を尊重するためのプロセスを示した初のガイドラインで、2017年度老人保健事業推進費等補助金事業で作成されたもの。同事業の実施責任者で、ガイドラインを取りまとめた中京大学法科大学院教授の稲葉一人氏に、ガイドラインの意義や影響を聞いた。 ソース元 : http://m […]

受動喫煙対策 飲食店と医学界が激しい攻防

兵庫県の受動喫煙対策を巡って、業界団体と医療関係者の間で激しい攻防が繰り広げられている。兵庫県は全国でもいち早く規制条例を制定した“先進県”。医療関係者が「より厳しい規制を」と主張するのに対し、飲食店などは「売り上げに影響する」と反発を強めている。2020年の東京五輪に向けて国を挙げた受動喫煙対策が求められる中、条例施行5年で見直しのタイミングを迎えた兵庫の姿勢が問われている。  受動喫煙対策を巡 […]

アルコール関連での緊急入院後の自殺リスクに関するコホート研究

アルコール乱用は、自殺のリスク因子として知られているが、アルコール関連の入院とその後の自殺による死亡リスクとの関連は、よくわかっていない。英国・Public Health Wales NHS TrustのBethan Bowden氏らは、アルコール関連での緊急入院後の自殺による死亡リスクを特定するため、検討を行った。PLOS ONE誌2018年4月27日号の報告。 ・・・ 著者らは「アルコール関連 […]

「禁煙」の部屋でもたばこ煙残留物が蓄積

誰もたばこを吸わない部屋にも有害なたばこの煙の残留物が潜む可能性があることが報告された。米ドレクセル大学の研究者らが行った新しい研究により、誰もいない禁煙の教室内でも、空気中にたばこの煙の残留物(副流煙残留物)に関連する微粒子が多く浮遊していることが明らかになった。こうした残留物から有害物質を吸入することは「三次喫煙(third-hand smoke)」と呼ばれている。この研究の報告は「Scien […]

介護職3割 セクハラ被害…「不必要に接触」半数、高齢者や家族から

教会にも介護職につく方が多くいると思います。このような問題を抱えている方がいらっしゃるかもしれず、配慮が必要ですね 高齢者宅や施設で介護を行う介護職の約3割が、高齢者やその家族からセクハラを受けた経験があることが27日、介護職の労働組合「日本介護クラフトユニオン」の調査でわかった。  調査は今月、組合員のヘルパーやケアマネジャーら約7万8000人に実施。20日までに回答した1054人分の速報値をま […]

病気があっても働き続けられる職場作り

教会の中での自立支援に役立つかもしれません 厚生労働省は、2018年4月24日に『事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン』(2016年2月作成)に、難病に関する留意事項、企業・医療機関連携のためのマニュアルなどを追加・更新したガイドラインを発表した。 このガイドラインは、事業場が、がん、脳卒中などの疾病を抱える患者に対し、適切な就業上の措置や治療に対する配慮を行い、治療と職業生 […]