MONTH

2018年3月

古垣兄弟テレビ出演

★千葉ステーク東金ワードの古垣兄弟テレビ出演★ みなさんおはようございます。 先日紹介した件ですが、LDS Medical Japanメンバーであり、糖尿病専門医である古垣兄弟が、4月16日に「家族の健康」(BSジャパン)にテレビ出演しました。 古垣兄弟の今後ますますのご活躍を応援しています!

小児虐待防止講習会

8/13に医療機関用小児虐待防止講習会に参加しました。 虐待を疑うケースの通告は国内で年間17万件(H26)ですが、そのうち医療機関からは3%弱となる5000件のみ。医療機関はひどい暴行レベルしか通告できていない現状があるとのこと。女性をみれば妊娠を必ず鑑別にあげるように、小児の外傷(と陰部の問題)はどんな形であれ、必ず虐待も鑑別に考えるべきことを改めて学びました。 被虐待児も助けが必要ですが、虐 […]

FSY ヘルスカウンセラー 活動報告

先日のFSY東京セッションでヘルスカウンセラー(HC)として医療サポートを行ってきました。 HCは、FSYにおける正式な召しで他のカウンセラー同様にステークより召されます。 主に召される方は医療職及びその学生ですが、過去にはカウンセリング目的で教育職の方が召されたケースもありました。 今回は5日間でHC21名、及び後方支援の医療スタッフ(医師4名、看護師7名)で対応しました。本来カウンセラーは5日 […]

さめじまボンディングクリニックが毎日新聞に

「赤ちゃんポスト」を設置した慈恵病院(熊本)は日本中が知るところですが、同様に人道的な取り組みをする末日聖徒の産婦人科医を私たちは知っています。「さめじまボンディングクリニック」の院長である桐生ステークの鮫島浩二兄弟の取り組みが本日の毎日新聞に紹介されています。 産科医たちの挑戦(その2止) 二つの命に寄り添う

職場の朝礼での伝道

自分の働くクリニックでは、朝は多職種ミーティングで始業します。 3ヶ月前から数人の有志で「今朝のひとこと」を始めました。 内容はお笑いや花言葉、感動、うん蓄やつぶやきなどテキトーですが、 もれなくみんなから笑いや感嘆の声があがり、楽しい雰囲気で業務に取りかかれるようになり、好評です。 そして、これは自然な伝道の素晴らしい機会となってくれています。 先週末は退職する看護師の最終日で、サプライズプレゼ […]

この世に生きる教会員の性教育・予防医療について

Deseret Newsにユタ州においてどんな性教育が適切かというテーマのopinionが寄せられていました。 近年ユタ州の若人の間で性感染症の罹患率が増加しており、専門家はこれを家庭や学校における性教育の不足によるものと考えているようです。 モルモン家庭に限定しても増加しているのか気になりますが、この記事では言及されていません。 私は地域の小中高で、性教育の健康教室をすることがあります。 一般の […]

闘病者を励ます聖句や証をリスト化したい

これこれっ! あたいがしたいと思ってたもの!! 教会員医療者のホームページができたら、こんな感じに闘病者を励ます聖句や証が探せるリストをぜひ掲載できたら、と思ってます。 https://www.dakarakosocreate.com/nyasukeandpajiro