原貴大兄弟ら救護班に感謝状 静岡マラソンにて

LDS Medical Japanからのお知らせ

2018年3月に開かれた静岡マラソンにおいて、心肺停止した競技者がAEDで蘇生され社会復帰に至ったことを受けて、原兄弟の所属する救護班(国士舘大防災・救急救助総合研究所)が静岡市消防局より感謝状を贈られました。

原兄弟は日本およびアジアにおける救命士のシステム改善のため研究・活動されています。また教会の全国カンファレンス等において、医療救護活動に貢献されています。


参考HP : http://www.at-s.com/sp/news/article/local/central/501931.html