厚生科学審議会感染症部会エイズ・性感染症に関する小委員会が報告 いまだに減らない「いきなりAIDS」

福音と医療に関わる社会情勢や科学的知見

厚生労働省の厚生科学審議会感染症部会エイズ・性感染症に関する小委員会で4月17日、2017年度のHIV・後天性免疫不全症候群(AIDS)速報値が報告された。2017年度における新規HIV感染者(AIDS未発症者)の報告数は昨年の1011件から微減の992件、感染に気が付かないままAIDSを発症した患者の報告数も昨年の437件から微減の415件で、いずれもこの10年では最も少ない報告数となった。

 一方、新規HIV感染者およびAIDS患者の合計数のうち、新規AIDS患者の占める割合は「いきなりAIDS率」と呼ばれるが、この値の2017年度の速報値は29.5%と、この10年横ばいのまま。これまでもHIV感染者の早期発見の重要性が強調されてきたが、いまだに多くが見逃されている現状が明らかになった。

ソース元 : http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201804/555739.html