飲酒や喫煙+熱いお茶で食道がんリスク増

福音と医療に関わる社会情勢や科学的知見

飲酒または喫煙と熱いお茶を毎日飲む習慣が重なると食道がんのリスクが高まると、中国などのグループがAnn Intern Med(2018; 168: 489-497)に発表した。

 高温のお茶の摂取は食道がんの危険因子である可能性が示唆されているが、これまでに一貫した関係性は観察されていない。

同グループは前向きコホート研究China Kadoorie Biobankで、高温のお茶の摂取がアルコール摂取や喫煙と同様に、食道がんのリスクと関係するかどうかを検討した。対象は30~79歳の中国人45万6,155例。がん既往者、お茶やアルコールの摂取量または喫煙本数を減らした参加者は除外した。

中央値で9.2年の追跡期間中に1,731例が食道がんを発症した。アルコール摂取または喫煙に高温のお茶の摂取が重なることは、食道がんの高リスクと関係していた。お茶の摂取が週1回未満で1日のアルコール摂取量が15g未満の群に対し、高温のお茶と15g以上のアルコールを毎日摂取する群では食道がんのリスクが5倍であった。同様に、高温のお茶を毎日摂取する喫煙者のリスクは2.03倍であった。

ソース元 : https://medical-tribune.co.jp/news/2018/0511514139/