終末医療「家族とも対話」…厚労省、初の指針改定案

ニュース, 福音と医療に関わる社会情勢や科学的知見

厚生労働省は17日、延命治療の中止手続きなどを定めた終末期の医療に関する指針の改定案を有識者検討会に提示した。
治療方針などについて患者や家族、医師らが繰り返し話し合う「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」の重要性を明記した。改定は3月に行う見通しだ。

終末医療「家族とも対話」…厚労省、初の指針改定案