機械学習を使った調査で「うつ」病の人がよく使いがちな言葉が判明

ニュース, 福音と医療に関わる社会情勢や科学的知見

うつ病の症状を訴える人の多くが「孤独な」「悲しい」「悲惨な」など、否定的な感情を示す「形容詞」や「副詞」を多用する傾向にあります。しかし、最も興味深いものは代名詞の使用方法にあり、「自分」「自分自身」「私」など一人称の代名詞を多用することが判明したとのこと。

https://gunosy.com/articles/RWDD4